食育プログラム

食育プログラム

『楽しく食べよう・豊かな人間性を育もう・五感を使って味わおう』を目標に、「給食」「クッキング保育」「食農」などの食育活動を通じて、彩り・香り・食感・音・味などで五感を刺激する体験をこどもたちに提供しています。

また、「好き嫌い」「遊び食べ」「食べない」「食べ過ぎる」などの食に関する相談に、こどもたちの発達を理解している栄養士がお答えするなど、保育園の栄養士ならではの育児支援を行っています。

給食

食材の選定や衛生面に配慮した手作りの『おいしくて安全な給食』を提供しています。

①『楽しく食べよう・豊かな人間性を育もう・五感を使って味わおう』がコンセプト

塩分・油分・糖分を調整し、食品添加物を少量にとどめ、乳幼児に適した給食を提供しています。また、一人ひとりの発達・成長に合わせて対応の調理・配膳を心掛け、口内炎やおなかの調子が治りかけてきた時など、体調に合わせた給食の対応を行っています。

②食材の選定

国産を中心に選定し、産地・原材料・原産国などは必要に応じて規格書を業者に依頼し確認を行っています。特に米に関しては、産地・栽培方法などを調査し、特別栽培米のあきたこまち、佐渡産のコシヒカリ、北海道産など、おいしくて安全なお米を選定しています。

③衛生管理

こどもたちの命を守るために最も重要なことととらえ、厚生労働省「大量調理施設衛生マニュアル」と「東京都食品衛生自主管理認証制度」を基に自社マニュアルを作成。月1回の巡回点検や毎日の清掃点検などで清潔を保っています。

イメージ

クッキング保育

こどもたちが自分でおやつや食事を材料から作り、食べることを保育の一環として行うことで、皆で協力したり考えたりすることを学び、食べる楽しさを味わうことが出来ます。また、旬の食材を用いることで『食』への関心を高め、刃物の危険性や使用目的を覚えることにも役立ちます。そして、楽しい中にも時間と労力をかけて料理をする過程から、いつも食事を用意してくれる人々への感謝の気持ちも育ちます。
イメージ

食農活動

自分で野菜を育てることで、『おどろき』『わくわく』『よろこび』など、こどもたちの心はさまざまに動きます。当社ではこの取り組みを後押しする専門スタッフがおり、栽培サポートを行っています。保育士や栄養士と連携することで、育てた野菜は給食やクッキング保育に使用されます。
全国の施設へ野菜の育ちに触れる環境を提供し、こどもの心を動かし、食べものを大切にする気持ちを育みます。
イメージ
イメージ
食育プログラムは、グループ会社「株式会社ジェイキッチン」が運営しています
アスリート支援
JPホールディングス
スターライト先生募集
採用情報はこちら
実習先をお探しの方
民間学童クラブ AEL
すくすくぷらす
「どうしてそうなの?」と感じたときに読本
Fresh Smile
ソーシャルメディア公式アカウント

↑ PAGE TOP