発達支援

発達支援

日本保育サービスが大切にする「発達支援」とは?

株式会社日本保育サービスにおいては、保育園や学童クラブ等の施設を運営する上で、インクルーシブな保育を目指しています。このため、お子さんに障害があることや、文化の違いがあることなど、すべてにおいて「1人ひとりを理解し、発達を支援する」ということをとても大切にしています。
また、グループ企業である株式会社日本保育総合研究所の発達支援課と契約しているため、各施設の保育者は、発達が「気になる子」の支援について専門スタッフと直接相談ができる体制になっています。保育者が、専門スタッフによる巡回相談や研修を受けることで、こどもたちの発達に合わせた安全・安心で楽しい保育ができるように、日々の保育を考えています。

日本保育総合研究所の発達支援課

発達支援課の理念は、「こどもの発達を理解し、育ちを支えるための手立てについて、保育者と共に考え、各施設の支援体制の活性化に貢献する」ことです。発達支援課には、心理職や療育職、福祉職等の専門スタッフが所属し、共通の思いで業務にあたっています。このため、巡回相談を行う際にも、相談をきっかけに施設の全職員が協働していけるよう働きかけています。
発達支援課の巡回相談では、保育中のお子さんの様子を半日かけて観察し、お子さんの発達や心理状態、お子さんが困っている状況やその背景、お子さんの長所も丁寧に見立てるようにしています。

具体的には次の4つのステップを踏みながら、常にお子さんとその保護者を中心に保育環境を考えています。
  • STEP ①:お子さんの発達について
  • STEP ②:お子さんにとっての、クラスの環境について
    STEP ③:お子さんにとっての、施設の環境について
    STEP ④:お子さんにとっての、地域の環境について
発達支援図
巡回相談の他に、保育現場をサポートするための情報提供として、専門資料や書籍等の企画や制作も行っています。

発達支援課の社外実績

日本保育サービス以外の保育施設からのご依頼に応じて、巡回相談や研修等を行っています。
巡回相談
  • 企業・法人・自治体より受託
  • 研修等
  • 保育者を目指す学生と現職保育者向けセミナー「こどもたちの『得意な学び方』を活かす保育について~保育園を巡回している心理士から学ぶ」(2018年6月30日)
  • 保育者向け研修「保育所保育指針改定のポイントと0・1・2歳児の保育の大切さ」(2018年6月25日)
  • 他、多数


    研究所として学会発表等を行っており、学術誌やメディアに取り上げられています。
    学会発表等
  • 日本保育学会第71回大会 自主シンポジウム企画「心理検査KABC-Ⅱを用いた就学前児への長所活用型支援」 熊上藤子・柳下記子・濵野よしの・川村修弘・三浦光哉・熊上崇・東原文子(2018年5月13日)
  • 日本保育学会第69回大会 研究発表「巡回相談に対する保育者の援助要請を考える」 熊上藤子・小池友紀・安藤智子(2016年5月8日)
  • 他、多数

    学術誌の原著論文掲載
  • 心理検査の検査者は子どもにどのようにフィードバック面接をしているか―知能・発達検査の検査者への調査と「子どもへのフィードバック面接手順リスト」の作成―.K-ABCアセスメント研究20.27-39. 熊上崇・熊上藤子・熊谷恵子(2018)
  • 「気になる子」に関する巡回相談が保育士の行動および保育所のチーム援助に与える影響. コミュニティ心理学研究20 (1). 28-44. 熊上藤子・石隈利紀(2016)
  • 他、多数

    メディア掲載
  • 2017年9月15日 日本発達障害連盟「発達障害白書―2018年度版」第3章 子ども・家族支援―時の話題 発達が「気になる子」の保育を支える、保育園運営企業による取り組み」明石書店.
  • 2017年7月19日 毎日新聞 朝刊「Stand・by・you!そばにいるよ」
  • 2016年10月11日 ダ・ヴィンチニュース「特集 大人と子供の発達障害」
  • コンサルティング業務

    施設の状況、ご要望に合わせて、巡回相談や研修(講演)等をご提案いたします。 「こどもの発達に合った保育を共に考えてくれる専門家と相談がしたい、研修を受けたい」等のご要望がある方は、お気軽にお問合せください。

    お問い合わせ先

    株式会社日本保育総合研究所 発達支援課
    TEL : 03-6455-8041
    メール : hattatsu@jp-holdings.co.jp
    株式会社日本保育総合研究所は、株式会社日本保育サービスのグループ企業です
    アスリート支援

    ↑ PAGE TOP